私が裂織りを始めたのは この本と出会ったから。
「すぐ使いたい裂織りバック」松永 治子 (著) 文化出版局

本当に素敵なバックばかりで
大人っぽく 渋いものが たくさん載っていました。
それプラス 織りに興味があり
卓上の織り機の存在も この本で知りました。

習いに行かなくても 私にもできるかもって気持ちになって
早速 織り機の資料集めを始めました。



私が選んだ織り機は ハマナカのオリヴィエ 60cm幅です。

上の本には Ashford社のリジット機を使われていました。
これは組立を自分でできるなら オリヴィエより1万円ほど
安いものでした。
(組立も2000円ほどで やってもらえます。)
でも なにせ素人。 先生なしでできるのだろうか?
すごく不安で ハマナカの織り機には使い方のビデオが
付いていたので それに決めた。
今考えると ビデオがなくても説明書で十分だった。

最近では1万円以内で織り機が手に入るようになった。
だが綜絖がついたものは まだまだ高い。



まず 経糸を作る。
織り機を裏返しスティックを差すと 整経ができます。
100本ぐらい巻くと 目が回ってきます。



整経した糸を張ります。
ピンと張るのは むずかしいですが
ようやく 慣れました。



経糸が張れたら ようやく織りはじめられます。
ここからが楽しいのです。

でも足元は 糸くずだらけ・・・



つづく


copyright (c) 2003-2007 meo All Rights Reserved.